へたれweb制作者のめもちょう

さくらインターネットのレンサバにbaserCMSをインストールしてみた話

忘れないようにと、後学のためにもメモメモ

 

環境としては特に特殊な環境という訳ではなく さくらインターネットのレンタルサーバーにbaserCMSをインストールして構築していこうってだけ

 

さくらの場合公開フォルダが www/●●●● となってるので の●部分にbaserのappとかlibとかのコアファイルを諸々うpすればおk

 

他サーバーから移設の場合も同じように●のところにファイルを上げれば大丈夫。

 

移設の場合気をつけなければいけないところが一点

 

baserの場合.htaccessを使ってルートとなるフォルダを設定してるので www/●●● のディレクトリ階層にあるhtaccessに手を入れておく 

Allow from all
RewriteEngine on
#RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteRule ^(.*)$ index.php [QSA,L]

上記の赤文字部分の『/』 を 『/ディレクトリ名』と#のコメントアウトを削除してから変えればおっけー

例えば『RewriteBase/hogehoge』のように

 

install.phpも書き換える

サーバー移設の場合は、サイトロゴをクリックしたりグローバルメニューのHOMEをクリックで、サイトのトップに戻れたりするけど

install.phpを書き換えておかないと、昔のサーバーのurlに飛んでしまうので書き換えておく

 

baserCMSをインストールしたディレクトリ階層のapp/config/install.phpを編集する

install.phpにはこんな感じでサイトのアドレスはこうですよ〜、sslの場合はこうですよ〜って記述があるので

 

Configure::write('Cache.disable', false);
Configure::write('Cache.check', true);
Configure::write('Session.save', 'session');
Configure::write('BcEnv.siteUrl', 'http://example.jp/');
Configure::write('BcEnv.sslUrl', 'https://example.jp/');
Configure::write('BcApp.adminSsl', true);
Cache::config('default', array('engine' => 'File'));
Configure::write('debug', 0);

 

赤文字のアドレス部分を適宜、運用するサイトアドレス(ssl有りの場合のも)を記入して保存

 

すると他サーバーから移設しただけの場合でもロゴやHOMEとかサイトのトップページへ飛んだ際に意図したリンク先になるはず

 

baserCMSでのホームページ制作なら福岡市南区のweb制作 one pushまでお気軽にご相談ください!

baserCMSだけじゃなくてもご相談してくれてもいいんですよ?w

コーディング   2018/07/20   one push
≪ baserCMSの管理画面のグレーアウトを解消する  |